戦後、明太子は特許、商標をとることが出来たのでしょうか?

 

今回明太子についての調査を行っていく中で、戦後初期であっても特許、商標をとることは難しかったのではないかと考えられます。

 

まず特許について考えていきます。

 

特許とは発案者、またはその継承者に対して、発明の公開を代償として発明を使用して作られた製品を独占的に製造・販売できる権利を国家が付与するものです。

 

これより食料品の製造方法そのものは特許の対象といえます。
しかし出願し、許可を得るにはいくつかの要件をクリアしなくてはなりません。
具体的には6つの要件があります。

 

  • 産業上利用できること
  • 新規性があること
  • 進歩性があること
  • 先願であること
  • 公序良俗に反しないこと
  • 形式的な要件が整っていること

 

 

発明、製造法に対して特許が与えられるのはそれが客観的に見て新しい創作技術としての産業の発展に貢献するため、新規性が求められます。

 

また製造方法が誰でも簡単に創作できるものである場合は保護に値しません。

 

これより、大正3年の関門日日新聞に既に「明太子」が載っていたこと、製造方法に関しても既に大正時代に明太子が流通していたことから新規性があるとは言いにくいと考えられ,客観的に見て、特許をとることが難しかったと思われます。

 

 

では、「明太子」を商標として取ることは出来たのでしょうか?

 

商標には登録が認められない商標というものがあります。
他と区別しにくいとして以下に該当する商標は登録不可です。

 

  • 商品・役務の普通名称
  • 慣用されている名称
  • 記述的な表現の商標
  • ありふれた氏、または名称を表す商標
  • きわめて簡単かつありふれた商標

 

明太子という名は既に大正時代から使用されており、普通名称もしくは慣用されている名称として扱われていたと言えます。

 

これより商標を取得することも出来なかったと考えることができます。

 

参考文献
特許・商標のしくみ

資料倉庫

昭和30年1月29日

(資料:みなと新聞、1955(昭和30)年)スケソウの子(たらこ)の市況戦後は皆貧しかった為、日付の特定できる写真などの資料も極めて少ない状...

戦中~戦後10年

自社編集の社史で、昭和24年1月10日にメンタイと名付けて、北海道のたらこを加工せず売ったと記述しているのは、貴重な資料です。 他方、北海道...

昭和14年11月10日

(資料:関門日日新聞、1939(昭和14)年)今年の明太子は(咸鏡南)道当局の指導と製造者の自覚で品質向上咸鏡南道出張所長 平櫛氏語る...

昭和14年10月25日

(資料:関門日日新聞、1939(昭和14)年)上から3段目、明太子極上が22円 (資料:関門日日新聞、1939(昭和14)年)健康食品として...

昭和14年9月29日

(資料:関門日日新聞、1939(昭和14)年)井ノ口商店の明太子広告※井ノ口商店に関しての資料があればご連絡お願いいたします。 ...

昭和14年9月21日

(資料:関門日日新聞、1939(昭和14)年)大阪荷受連盟会の明太子取扱い高 昭和13年度中、ざっと5万余樽...

昭和14年9月17日

(資料:関門日日新聞、1939(昭和14)年)咸南新明太子の下関入荷...

昭和14年9月

(資料:防長之水産、1939(昭和14)年)明太子倉庫建設計画のため咸鏡漁組が下関市に正式に申込む...

昭和14年8月3日

(資料:関門日日新聞、1939(昭和14)年)明太子倉庫11月上旬までに建設...

昭和14年2月8日

(資料:関門日日新聞、1939(昭和14)年)明太子の取り扱いでは下関は日本一...

昭和14年2月3日

(資料:関門日日新聞、1939(昭和14)年)明太子広告右から1行目に明太子の文字※名越商店に関しての資料があればご連絡お願いいたします。...

昭和2年2月25日

(資料:樋口丈治 (会津若松市)蔵)樋口商店の「明太子元祖」印刷入り封筒...

大正15年

(資料:朝鮮之水産、1927(昭和2)年)北海道明太、明太子製品販路の状況 檜山郡水産會のもの...

大正14年2月

(資料:朝鮮之水産(大正14年4月号)、1925(大正14)年)左から4行目に明太子の文字数量は201貫とあり、753.75kg単価は90円...

大正13年10月11日

(資料:関門日日新聞、1924(大正13)年)江原道(カンウオンド)明太子の価格左から5行目...

大正13年10月10日

(資料:関門日日新聞、1924(大正13)年)江原道(カンウオンド)明太子の価格 右から5行目...

大正11年

メンタイ(鱈子)との記述があります。 大正3年に「明太子」の記述はありますが、活字は音が確定しません。 大正11年のこの資料は、カタカナで「...

大正3年12月12日

大正3年12月12日の関門日日新聞に「明太子」の文字が初めて確認されました。 新聞というメディアの性質上、この時点で既に日本で周知の事実の言...